フラット35の返済シミュレーションは大いに役立つ

フラット35の返済シミュレーションは大いに役立つ

男の人

多くの人がフラット35を利用する理由

フラット35は月々の返済額が少ない点や、返済計画が立てやすい点などから若年層を中心に利用者が増えていてきます。保証料が不要な点や繰り上げ返済手数料が不要な点、保証人が不要でも審査が通りやすいなどの点も信用が低い若い層としてはありがたい話です。実際にどのような返済をしたらいいかをシミュレーションできるのも大きな特徴です。

積み木と紙幣

フラット35には様々な種類がある

フラット35は2007年に誕生したのち、時代のニーズに合わせて様々な商品が生まれてきました。例えば省エネルギー性や耐震性などに優れた住宅を取得した際に金利が一時的に下げるフラット35Sや、フラット35のプランを二種類合わせたダブルフラット、リフォームと一体化したフラット35(リフォーム一体型)など様々なタイプがあります。自分がどのタイプに向いているかはシミュレーションしてみることをおすすめします。

人形と紙幣

返済シミュレーションをしてみよう

フラット35では各業者のWebサイトにて返済シミュレーションができます。自分の年収や借り入れ金額、毎月の返済額やボーナスなどの額を入力して返済プランをシミュレーションすることが可能です。自分の年収に変化があった際や乱高下しやすい職業の場合はその都度シミュレーションすることをおすすめします。

紙幣と模型

民間ローンとフラット35のメリットを比較してみよう!

民間の住宅ローンはまず金融会社の社会的信用がないと低金利の所からは借りられません。ただし借りることができれば金利も低いので気長なローンでも息切れせずに返済が可能です。フラット35の場合は保証も不要となるので、これから未来ある人達がもっと気軽に家を持つ事が可能ですし、返済シミュレーションができるので返済もしやすくなります。

フラット35の申し込み手続きの流れ

レディ

自分の家を建てる場合の流れ

フラット35で自分の家を建てる場合は、まず着工前に金融機関への借り入れの手続きをします。審査結果が出たら検査機関に設計検査の申請を行い合格をもらったら着工になります。竣工したあとに適合証明をもらって初めて金融機関との取引が始まります。

新築住宅を購入する場合の流れ

新築住宅を購入する場合は、まず事業主が検査機関に設計検査を申請をします。合格をもらったら着工し、そのあとに借主がフラット35の申し込み手続きをします。工事途中で事業主が中間現場検査の申請をし、合格したら竣工となります。竣工後に事業主から適合証明書を受け取って契約となります。

中古住宅を購入する場合の流れ

中古住宅を購入する場合は検査機関に建物が適合しているかどうか申請し、適合証明書をもらいます。その後でフラット35を申し込み、金融機関と手続きをします。一週間前後で審査が通れば契約完了です。

広告募集中